新触媒研究所


silica-plus

緊急事態は解除されましたが何をするにも人と離れること、人と向き合わないこと、とコロナに感染しないためには何も変わらない、味気ない生活を強いられます。

手洗い、マスクは励行しますが人に近付かない、向き合わない、というのは人間生活として辛いです。皆と楽しく話がしたい、一緒に食事をしたい。シリカプラスシートを利用される方が増えています。シートを1枚マスクに挟むだけでインフルエンザにも3密も平気、コロナウイルスに感染しない、5年続けても副作用もない、のです。

なぜそんな強い機能があるのでしょう。正孔です、マイナスの電子が抜けた抜け跡は強力なプラス電位ができているのです、いわば電子に飢えているのです、ウイルスの体で外に出ている突起から電子を奪い取ります。外に出ている突起は人体に入り込み易いように、つまり感染しやすいように出しているMAとNAという2種類の突起から電子を奪います。その前に吐く息の水蒸気H2Oに正孔が接触するとHの電子を奪い最強の活性酸素の・OHラジカルが発生して感染を担当する突起類を分解するのです。

ウイルスは経験豊富でスペイン風邪以来102年、パンデミックも何度も起こしてきました。しかし、正孔や・OHラジカルは初めての経験で戸惑っています。

2018年からシリカプラスという名前で実物が皆さまに御目見えし、お手許に届けられました。初めはインフルエンザウイルスでしたがそのうちに新型コロナウイルスが広がり、それらにも誰一人感染せず新兵器の強さが目立ってきました。3密を避けるため商店街にも観光地にもコンサートも人がこない、来ても広い場所に人がぱらぱら、これではやってられない,行っても楽しめない。

シリカプラスを1枚マスクに挟んで3密でも大いに楽しんでください。



夏のウイルス対策 氷入りマスクに要注意

暑くなるとマスクが余計暑苦しくなり氷を入れるマスクが登場した。普通の気休めマスクは氷を入れようが水で濡らそうがもともと抗ウイルス効果がないので変わりはないが、シリカプラスには大きな悪影響がある。シリカプラスの原料はシリカSiO2なのでシリカの飲み物があるくらい安全です。

しかし、シリカプラスを挟むマスクから冷たい空気が来るとシリカプラスのシートが冷却されて吐く息に接触して発生するOHラジカルの量が減少して抗ウイルス性が低下する。

3密でもウイルス感染が起こらないのはシリカプラスに含まれている正孔(プラス電荷)が息に含まれる水蒸気と反応して発生するOHラジカルが抗ウイルスを発揮するからなのです。人間の体温に近い吐く息と氷で冷やした空気とではOHラジカルの発生量が違う、温度が低いと発生量が下がるのです。コロナウイルスは暑い国でも元気です、インフルエンザウイルスと違います。OHラジカルを発生してウイルスに感染しないのは世界でもシリカプラスだけです。

緊急事態の延長だ、どうする!

5月6日までというので頑張って来たが、正直言ってもう力が入らないと感じている人が多いのではありませんか。大阪のようにきちんとデータに基づいて目標を示してくれるならもうひと頑張りする気にもなるのですが。

ところで、人に近付くな、向き合うな、というのは感染防止に必要なのはわかりますがどうしても人に近寄り向き合う仕事がある人、お医者さん、看護師さん、は病人や検査を受ける人に近より向き合わないと仕事にならないのではありませんか。院内感染で我々を診てくれる人には確実にウイルスに感染しない手段が必要です。マスクに挟むだけで確実にウイルスに感染しないシートがあるのです。使っている人がどんどん増えています。そんなものがあるとは知らなかった、それはいったい何者だ、実はシリカプラスという新しい触媒なのです、

ウイルスが人間に入りこむ道をシリカプラスが壊したのです。

ではどのようにして壊すのか、そこです、シリカプラスがOHラジカルを発生してシアルサンという人間へ入る道を壊すのです。

OHラジカルって何だ、 水はHOに対してHO・と書きます、酸素の周りに水素が一つ、もう一つはHから電子を盗られた・です。水素は一つしか電子を持ってないのにその一つの電子を盗られたのです、あの静かな液体だった水が怒り狂って電子を取り返します、それが

シリカプラスです。

シリカ粒子同志が水中で衝突しないようにマイナス電荷を付けてもらっていたのに布の上の空気中で乾燥させられている間にマイナス電荷の周りにプラスの静電気がいっぱい集まってOHラジカルを作りシアル酸から電子を奪って道を壊したのです。ウイルスが人間に入る道を壊されると感染ができません。

ウイルスも緊急事態

ウイルスにはオスもメスもなく子孫を残すには感染して人の体に入って繁殖するしかないのです。1918年のスペイン風邪で何千万人以上も感染させて以来約100年間一度もしくじったことが無く、2020年に現れたOHラジカルに初めて入口への道を壊されたのです。ドイツ、アメリカをはじめとする世界の学者がずっと対策の研究をして来たのに結論は人と人とが近寄らない、という対策しかありません。が、もう飽きて来たのではありませんか。しかし、ウイルスにとってシリカプラスが増えるのは、緊急事態です。

こんなことでお困りではありませんか。

  1. ずっとマスクをしていたのにインフルエンザに罹ってしまった。
  2. ジャムやマーマレードの瓶詰めをいつもきれいなナイフかスプーンで使い、きちんと蓋を閉めて冷蔵庫に保存しているのにカビが生えて瓶の底まで使ったことがない。
  3. 老人の介護でおむつ交換臭の時のにおいが辛い。
  4. 可愛いペットを室内で飼っているがにおいがする。
  5. 15個ぐらいの箱入りのリンゴや桃を貰ったが冷蔵庫に入りきらず残った分がいっせいに熟して腐らせてしまった。

こんな経験をお持ち方はこの先をご覧ください、きっとお役に立つはずです。

紫外線の照射なしで大気を浄化する
新しい触媒を開発しました。

  • 紫外線、可視光が不要です、ですから暗闇でも空気を浄化し続けます。
  • OHラジカルは塩素などの有害物を含まず副作用なしで空気を浄化できるのです。
  • ホルムアルデヒドのような有害な有機物、ウイルス、NOXも除去します。
  • この触媒を担持させる基材として、ポリエステルやコットンなどの繊維製品を使っています。固体は分解しないのです。

このようなシートはこれまでにありません/ではどうしてこんなことができるのでしょうか?

光なしで空気浄化機能があるという提案がこれまでもありましたが
どれも OHラジカルが発生せず消えてゆきました。
「シリカプラス®」の殺菌、浄化力はマスクやカーテン、部屋の壁など様々な製品に応用できます。
シリカプラス®のマスクをかけると臭いが消えるので皆びっくりします。

それは正孔OHラジカル触媒という世界で初めての新しい技術でできた触媒シートだからです気になる臭いに、ウィルス対策に不思議なシートは「シリカプラス」




PAGE TOP